CLOVERSKY 北欧ヴィンテージ家具と雑貨のブログ

お客様の予想を大きく裏切ったセブンチェアという名作

category: 北欧ヴィンテージ家具
published on: 2018/02/11

こんにちは。北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYです。

【お知らせ】

メルマガ会員様限定のモーエンセンフェアとヤコブセンフェア開催中です。詳細はトップページバナーよりご確認ください。

*CLOVERSKYのホームページはこちらをクリック!

【ここから本題】

昨日から始まったヤコブセンフェア。早速、その作品を確かめにお客様にお越しいただきました。ありがたいことです。

その中で昨日主役になったのは名作「セブンチェア」。

昨日何が起こったかと申しますと、まずお客様は「ダイニングのテーブルと椅子を検討している。まずはテーブルを決めて、それから椅子を選んでみようと思う」ということでダイニングテーブルのコーナーからご覧になられました。

一通りご覧いただいた後で、椅子についてのお話になり。

「何かアドバイスはありますか?」

というご質問をいただいたので

「せっかくお越しいただいているので、実際に座られることをお勧めします」

ということでスタンダードな椅子からご案内させていただきました。

<いわゆる北欧デザインのチェア>

特にご指定なき場合、このタイプのチェアからご案内させていただいております。

頑強かつシンプルなデザインが美しい無垢のフレームに優しいカーブの座面と背面。

見た目的にも機能的にも良作です。これを基準として、様々な違いを生み出しているポイントを比較しながらご覧いたいたり体感いただいたりしています。

ダイニングチェアをご検討の場合、ほぼ必ずご紹介するのがカイ・クリスチャンセンのNV31。独特なシルエットが生み出された背景も交えて、それがお客様のダイニングシーンにどのような印象をもたらすのかをご案内させていただいております。

といった感じで結構な品数の椅子をご紹介し、幾つかの候補が出揃った中で最後にご覧いただいたのがセブンチェア。

実はお客様、お越しになられる前に商品ページをじっくりご覧になられており、その時点では「セブンチェアはないな」というご判断だったそうです。

(これは後で教えていただきました)

フェアもやってるし、大島にも勧められたし、とりあえず座ってみるかみたいな感じでお掛けいただいたモデルはこちら

オークの座〜背面にフロントはファブリックを使用したモデル。

そして座って2秒後の感想は

「何だこの座り心地の良さは!他の椅子とは全然違う!!」

そう、プライウッドを使用したしなりのある座り心地は無垢材のフレームを使用したタイプのチェアでは決して得られないもの。

フレームもスチールパーツを使用しているため全体的に軽く、「ルンバを使って床掃除をする際にストレスなく移動やスタックをしたい」というご要望にもお応えすることができます。

上記以外にも冒頭のカラードモデルなどもお試しいただき、結果

「セブンチェアが一番気に入ったので、これを軸にテーブルを考え直してみる」

という事になりました。

椅子の良さは見た目もさながら、お使いいただく方がどれだけ「心地よい」と思っていただけるかも重要なポイントと考えております。

そういった情報も含めお客様には最良のご選択、ご判断をいただけるよう努めてまいりますので、いうでもお気軽にご相談ください。もちろん、ショールームへの起こしはいつでも大歓迎させていただきます。

担当 大島

*メルマガ登録はこちら

*CLOVERSKYのホームページはこちらをクリック!

*FACEBOOK

*INSTAGRAM

*ランキングのボタンはこちら。押していただくと、本当に励みになります!

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。