CLOVERSKY 北欧ヴィンテージ家具と雑貨のブログ

ヴィンテージ家具の鍵はそれだけで絵になるので、特別感も増します。

category: 北欧ヴィンテージ家具
published on: 2017/10/18

こんにちは、北欧ビンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYです。

【お知らせ】

CLOVERSKYは10月度、木曜日〜土曜日に加え日曜+祝日もショールームをオープン致します!お近くへお越しの際は是非お立ち寄りくださいね!

【ここから本題】

今も昔も、家具には鍵が付いているものがあります。デスクやチェストなどですね。

引き出しの部分に「いかにも」な形の鍵穴。これがあるのとないのでは受ける印象が大きく異なります。

そして引き出しを開けるとそこには懐かしさと美しさを湛えた鍵が。この形状は一般的に「棒鍵」と呼ばれ、その名の通り芯となる棒に解錠/施錠の為のパーツがくっついている、という作りです。

最近はもっと軽くて小さい鍵が主流になっておりますので、このようなタイプの鍵を現役で見ることも使うことも珍しくなってきているのではないでしょうか。

こういったアクセサリー的な要素も持ち合わせているのもヴィンテージ家具の魅力。

現代の家具ではなかなか味わうことのできない特別感も一緒にお届けいたします。

担当 大島

*CLOVERSKYのホームページはこちらをクリック!

*FACEBOOK

*INSTAGRAM

*ランキングのボタンはこちら。押していただくと、本当に励みになります!

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。