CLOVERSKY 北欧ヴィンテージ家具と雑貨のブログ

北欧ヴィンテージ家具が入荷してから写真に撮られるまで

category: 北欧ヴィンテージ家具
published on: 2020/05/27

こんにちは。北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYです。

デンマークからのコンテナも無事到着し、何とかショールームに商品を収めることが出来ました。

ここからはひたすら清掃→撮影というスケジュールになるのですが、せっかくなので入荷から写真に撮られるまでの流れを簡単にまとめてみました。

いきなりの大物、イブ・コフォード・ラーセンのサイドボードbyローズウッドです。幅は過去最大級の2600mm。選び抜かれた素材による木目と計算されたデザイン、造形の技術は圧倒的な存在感です。

まずは清掃からです。全ての扉を開け、コンディションチェックも兼ねながら乾拭きで目立つ汚れを落としていきます。

これは扉の上部。露出していた部分とそうでない部分にはっきりとした汚れの境界線があります。ここを乾拭きすると

ぱっと見、ほぼわからなくなりました。次は正面を見てみます。

せっかくの木目なのに、点々と汚れが目立ちます。

こういったところも、乾拭きをしてあげるだけで

随分と印象が変わります。

細かな部分に目をやると、心がくじけそうな汚れに出会うことも少なくありません。

様々な道具と手段を組み合わせながら出来る限り除去します。

全体的にクリーニングを終えたら、ヴィンテージワックスで一旦仕上げにかかります。この一手間で、存在感とクオリティが格段に向上します。

せっかくなので、撮り終えた写真から何点かを先行してお見せさせていただきます。全く同じショットはありませんが、雰囲気を見比べていただくと面白いかもしれません。

<ここから先行公開ショット>

少しずつではありますが、手を入れながら準備を進めて参りますので詳細のアップロードを気長にお待ちいただければ幸いです。

担当 大島

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。