CLOVERSKY 北欧ヴィンテージ家具と雑貨のブログ

照明を触ってみましょう

category: 北欧ヴィンテージ家具
published on: 2020/04/20

こんにちは。北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYです。

世界的に影響を与え続けているコロナウィルス。そのためデンマークを2月に出発したコンテナの到着も遅れております。

しかし、いつ到着しても良いように現在日々ショールーム内スペース確保のため、家具を移動しております。

その時、より商品が映えるように照明の位置も変えるのですが、これはご家庭でも応用できるかも、と思い立ちましたのでご紹介いたします。

<ショールームのイメージ>

CLOVERSKYのショールームはレールからスポットライトを使い、商品(群)を照らしています。この事により、フラットに光を当てるより印象的になります。

何点か作業しつつ撮ってみましたので、比較してみましょう。

<椅子/照射前>

意図的に照明を赤い椅子の上にずらしています。これを少し左下に傾けると

<椅子/照射後>

自然と椅子に目が行くようになりました。文字通り「スポットを浴びて」います。

次に、サイドボードを見てみます。

<照射前>

上部の小物にはライトが当たっていますが、サイドボードの前面には当たっていないためどす黒く見えてしまいます。ここに斜めからライトを当てると

<照射後>

チークの赤みと、取っ手の造形/コントラストが程よく浮かび上がってきました。

ちょっとした「光」の工夫で、家具や雑貨、ご自宅の空間が持つ雰囲気を変えることができます。

スタンドライトなども組み合わせながら、この機会にインドアの「照明」を手がけてみてはいかがでしょうか。

*照明で照らされている家具たちの一覧はこちら

https://cloversky.net/html/page152.html

おまけ

:ショールーム全体像の<BEFORE>です。一番上の写真は「あちこち触った後」なので、照明がどのように変わったのかを間違い探し的に比べてお楽しみください。

<BEFORE>

<AFTER>

担当 大島

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。