CLOVERSKY 北欧ヴィンテージ家具と雑貨のブログ

NV31撮影の舞台裏を少しご紹介します

category: 北欧ヴィンテージ家具
published on: 2019/12/22

こんにちは。北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYです。

早速ですが、カイ・クリスチャンセンのNV31チェアを撮影したこちらの写真をご覧ください。

4脚がお行儀よく同じ方向を向いているように見えるこの写真ですが、実はそうではありません。

角度を変えてみてみましょう。

まっすぐではなく、ガタガタなラインになっているのがお分かりいただけるかと思います。

少し、上からのアングルに振ってみます。

それぞれの椅子が向いている方向が微妙にずれています。

これは何が起こっているかと申しますと、撮影に使うカメラのレンズは表面が湾曲しているため、現実世界ではまっすぐに並んでいる椅子をそのまま撮影すると曲がって置いたように見えてしまうことによります。

ここまでこだわらなくても良いのかも知れませんが、やっぱり自分が思う「一番綺麗/かっこいい姿」を収めたいと思うので、背面液晶を確認しながら少しづつ角度を調整して「見た目」に近い1枚が撮れるようにしています。

ちなみに冒頭から3枚目までの写真はアイフォンで撮ったものなので、きちんとしたカメラで撮ったものと比べると・・・やはり、まだしばらくは一眼カメラの方に分があるようです。

<アイフォン>

<一眼カメラ>

NV31含むチェアのページはこちら

https://cloversky.net/shopbrand/chair

担当 大島

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。