CLOVERSKY 北欧ヴィンテージ家具と雑貨のブログ

チーク材の家具が色鮮やかに蘇りました

category: ヴィンテージ家具の修理
published on: 2019/12/02

こんにちは。北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYです。

デンマークから輸入した北欧ヴィンテージ家具ですが、そのままではシミや汚れが目立つためCLOVERSKYでは表面の研磨=「サンディング」を行い、オイルや塗装で仕上げ商品を最も良い状態でお客様にご提供できるよう努めています。

先日サンディング途中の状況をお伝えさせていただいたスモールテーブルが完成いたしましたので、改めてご紹介させていただきます。

上の写真は天板を撮影したものです。左半分がメンテナンス後、右半分がメンテナンス前です。それでは、前後中の状況を写真で比較してみます。

<天板部分:Before>

<天板部分:研磨中>

<天板部分:After>

天板には細かなシミと、退色が見られていました。磨きなおし、オイルを塗布することでチーク材が本来持っている色が鮮やかに蘇りました。

<側面〜脚部Before>

<側面〜脚部:研磨中>

<側面〜脚部:After>

一見大きな変化がないように見えますが、メンテナンス後は色の深みと仕上げのワックスによる光沢が大きな差を生み出しています。

<中板:Before>

<中板:研磨中>

<中板:After>

こちらは細かなシミと光沢以外、大きな変化は見られません。「光に当たらない」事と品質の保全が相関関係にあることが窺えます。

<全体イメージ:Before>

<前提イメージ:研磨中>

<全体イメージ:After>

色あせていたスモールテーブルが、チーク材の色合いも美しく蘇りました。きちんとメンテナンスをすることで、受ける印象は大きく変わります。

CLOVERSKYではお客様がお持ちの家具を研磨、再仕上げさせていただくサービスも承っておりますので、ご検討中のお品がございましたらお気軽にお問い合わせください。

サンディングサービスについてはこちら

https://cloversky.net/smartphone/page89.html

【ご案内】

*12月7日(土)〜8日(日)にイベントも兼ねてショールームをオープンしておりますので、宜しければこの機会をご利用ください。

デンマークのクリスマスをイメージした「ユールヒュッゲ」イベントページはこちら

https://cloversky.net/smartphone/page93.html

スウェーデンの「幻の羊」を使用したシープスキンをご体感いただけるイベントはこちら

https://cloversky.net/smartphone/page95.html

担当 大島

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。