CLOVERSKY 北欧ヴィンテージ家具と雑貨のブログ

GE290チェアのメンテナンスが完了しました

category: ヴィンテージ家具の修理
published on: 2019/11/18

こんにちは。北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYです。

新たにメンテナンスが完了したアイテムより、違いが分かりやすい部分をピックアップしてみました。

<GE290チェア>

さて、最も絵になる斜め前からのシルエットですが、メンテナンス前の写真と見比べてみましょう。

<メンテナンス前>

この位置からだと正直少し分かりにくいので、近寄ってみます。

<前足/メンテナンス前>

前足部分のアップです。何箇所か横向きのシミが残っており、木目も少し荒い感じです。

<前足/メンテナンス後>

少し目立っていたシミは消え去り、滑らかな木肌になっていることが分かります。サンディング(研磨)を行うことで、デンマークで長年使用されるうちに痩せ、荒々しくなっていたヴィンテージ家具の表面が見違えるように蘇りました。

同じく、アームを比較してみましょう。

<アーム/メンテナンス前>

GE290の大きな特徴である、平坦で幅広なアーム部分です。

こちらのアイテムは元々コンディションが悪くないため、パッと見ても問題はなさそうです。では、メンテナンス後の写真と見比べてみます。

<アーム/メンテナンス後>

左右が違いますが、コンディションはほぼ同じなのでこのまま比較してみます。

メンテナンス前は表面の凹凸が強かったため、オークの特徴である「虎斑(とらふ)」よりも通常も木目が目立っている感じです。

対してメンテナンス後は木目の主張が抑えられ、「虎斑」も上品に馴染んでいます。

取り扱う北欧ヴィンテージ家具を「最も良いコンディション」でお届けするため、CLOVERSKYではできる限りのメンテナンスを行っております。

長く、良いお品をお探しであれば是非一度商品ページをご覧ください。

商品一覧:https://cloversky.net/smartphone/list.html?category_code=ct68

もし、「実際に見て見たい」という商品がございましたら、是非ショールームまでお越しください。

ショールーム:https://cloversky.net/smartphone/page1.html

担当 大島

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。