CLOVERSKY 北欧ヴィンテージ家具と雑貨のブログ

ワックスだけでも、木の家具は美しく蘇ります。

category: 北欧ヴィンテージ家具
published on: 2019/08/29

こんにちは。北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYです。

先日デンマークから入荷したウェグナーのベッドですが、長旅の疲れ(?)もあってか、チーク材の部分にツヤが感じられません。

フルメンテナンスを行う前にお客様にご覧いただくということもあり、木部にヴィンテージワックスを塗布してみました。

この事によって起こる変化はかなり劇的であり、北欧家具に限らず木材を使用した家具にはかなり有効な再生手段の一つであると思いますので、ご紹介させていただきます。

<ヘッド部/右半分終了時点>

全体にワックスがけを行いますが、最も分かりやすい場所なのでこちらを題材にしてみました。

作業を終えた右半分と未実施の左側で、かなり様相が異なります。では、左側もワックスがけをしてみます。

<実施前>

この写真だけ見ると分かりにくいかもしれませんが白っぽくくすんでいます。下1/3ぐらいの色褪せた感じも気になります。

では、右側から始めます。

ワックスをかけた部分の色が鮮やかになりました。木目もハッキリしてきました。

塗り進めます。端の方までしっかりと行うことで、仕上がりが見違えるように良くなります。

全体に塗り終わりました。開始前と比べてみましょう。

<開始前>

鮮やかさ、質感、いずれも大きく改善されました。少し引いた位置から見てみます。

<Before>

<After>

木目が生き生きとして、空間の印象もすっきりと爽やかになりました。全体像はこちら。

今回は「ヴィンテージワックス クリア」をフレームのチークに塗布してみました。かなり丁寧に行い、所要時間は1時間程度です。

正直これだけでもかなり見違えるようになるため、「ちょっと家具が古い感じがするかなあ」と言ったコンディションに対しては非常に高い効果があると思います。家具を長く快適にお使いいただく上でも半年〜1年に1回ぐらいのワックスがけがお勧めです。

万が一、ワックスやクリーニングでも太刀打ち出来ないような何かが起こってしまった場合は、弊社のノウハウで何とかできるかもしれません。その時はこちらからお問い合わせください。

<サンディング(研磨)サービス>

担当 大島

*メルマガ登録はこちら

*CLOVERSKYのホームページはこちら

*FACEBOOK

*INSTAGRAM

*ランキングのボタンはこちら。押していただくと、本当に励みになります!

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ


にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。