CLOVERSKY 北欧ヴィンテージ家具と雑貨のブログ

世界の三つ巴

category: 北欧ヴィンテージ家具
published on: 2019/06/17

こんにちは。北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYです。

先月入荷した家具の中から、デザインの思想が面白いものがありましたのでご紹介致します。

<スモールテーブル>

チーク材で出来た美しいスモールテーブルです。この天板に採用されているデザインですが、日本で言うところの「三つ巴」を連想させます。

<三つ巴のイメージ>

よく神社などで見かける模様ですね。

ところが、ヨーロッパでは全く違った見方をする場合があります。「三脚巴(triskele)」と呼ばれ、この部分が主役になります。

<三脚巴の主役部分>

どういうことなのか、百聞は一見にしかず。イングランドにある小さな島、マン島のシンボルを見てみましょう。

<マン島のシンボル>

3本の足が均等に配置されています。この意匠はイタリア・シチリア島などでも見ることができます。

そして一見三つ巴のようですが、実は三脚巴をベースにした古代ケルト人のシンボルがこちら。

<トリスケル>

円、均等な3分割など込められている意味は多岐に渡るようです。そしてこれらの意匠を元に、アイルランド空軍で採用されているシンボルがこちら。

<アイルランド空軍のシンボル>

左右逆ですが、ほぼ同じ意匠ですね。

三つ巴は日本で非常に馴染み深いデザインのため東洋的なシンボルと捉えがちですが、実は広くヨーロッパでも古くから伝わる伝統的なデザインでもあるのです。

ちょっと興味を惹かれるデザインを調べてみると、思いがけず壮大な歴史に遭遇できるのも外国で生まれた製品と触れ合うことの楽しさでもあります。

担当 大島

*メルマガ登録はこちら

*CLOVERSKYのホームページはこちら

*FACEBOOK

*INSTAGRAM

*ランキングのボタンはこちら。押していただくと、本当に励みになります!

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ


にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。