CLOVERSKY 北欧ヴィンテージ家具と雑貨のブログ

リペア作業日誌 29

category: ヴィンテージ家具の修理
published on: 2019/05/17

こんにちは。北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYです。

今回は、後脚の先端デザインが特徴的なチェアのメンテナンスの続きです。

前回は、洗い終わり、傷を膨らましたところまででした。

ここからサンディングに入っていきます。

洗っただけでは落ちてない汚れや塗料を丁寧にペーパーで削っていきます。

手前の左の棒がサンディング前。

右がサンディングした後。

木材本来の色を取り戻したのがお分かりでしょうか。

このように、全体を丁寧にサンディングしていきます。

サンディング前。

まだ落ちきれてない塗料がありますね。

サンディング後。

すっかり綺麗に残っていた塗料も落ちました。

サンディング前。

サンディング後。

うっすら残っていた傷も綺麗に消え、色も明るくなった印象です。

こちらのボタンのような部品も綺麗していきます。

これで、全体のサンディングが終わりました。

つづきは次回。

こちらのブログの商品情報はこちら。

担当 小高

*メルマガ登録はこちら

*CLOVERSKYのホームページはこちらをクリック!

*FACEBOOK

*INSTAGRAM

*ランキングのボタンはこちら。押していただくと、本当に励みになります!

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ


にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。