CLOVERSKY 北欧ヴィンテージ家具と雑貨のブログ

リペア作業日誌 21

category: ヴィンテージ家具の修理
published on: 2019/01/17

こんにちは。北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYです。

今回は、取っ手のデザインが可愛いチェストのメンテナンス続きです。

前回は、引き出し全体のサンディングが終わったところまででした。

ここから本体の天板と側板部分を綺麗にしてきます。

こちらはサンディング前の天板です。

白い水の跡のようなシミや黒い手垢のような汚れがついていますね。

サンディング後です。

白いシミも手垢のような汚れも綺麗に落ちましたね。

こちらは先ほどの天板の反対側のサンディング前です。

こちらもかなり薄黒い汚れや、白いシミがたくさんついています。

サンディング後。

汚れが落ち、とても綺麗になり本来の姿を取り戻しましたね。

天板の全体で比較してみてみましょう。

サンディング前。

サンディング後。

比較してみると、白いシミや手垢のような黒い汚れが綺麗に落ちたのがよくわかりますね。

こちらは側板部分のサンディング前です。

黒い汚れも気になりますが、白い引っ掻いたような跡がとても目立ちますね。

サンディング後。

気になる汚れは全て落ち、綺麗に生まれ変わりました。

これから足の部分を綺麗にしていきます。

つづきは次回。

こちらのブログの商品情報はこちら。

担当 小高

*メルマガ登録はこちら

*CLOVERSKYのホームページはこちらをクリック!

*FACEBOOK

*INSTAGRAM

*ランキングのボタンはこちら。押していただくと、本当に励みになります!

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ


にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。