CLOVERSKY 北欧ヴィンテージ家具と雑貨のブログ

希少種・ローズウッドの地肌バージョンを公開します

category: 北欧ヴィンテージ家具
published on: 2018/08/17

こんにちは。北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYです。

一雨過ぎて、今朝感じたのは秋の気配。まだまだ最高気温は30度を超える日が続きますが、ちょっとしたところで季節は変わり始めているようです。

さて、本日フォーカスを当ててみたのは「ローズウッド」。ご存知の通り、ワシントン条約により規制されているローズウッドの中でも恐らく最初に規制対象になったのが「ブラジリアンローズウッド」。特徴は赤みがかった木肌の色とダイナミックなコントラストです。

<例:No.42 Chair by Kai Kristiansen>

この状態をご覧いただく機会は多いと思うのですが、フルサンディング直後の地肌をご覧いただく機会はあまりないのではないかと思い。フレームの状態ではありますが、地肌バージョンをご紹介させていただきます。

<同じくNo.42チェアより:地肌バージョン>

特徴的なアームを上から。

サンディング後の地肌はやや白っぽく、しかしコントラストはしっかりとしています。

メンテナンス前のヴィンテージと並べてみます。

かなり色合いが異なります。ヴィンテージの脚部に見られる、流れるような木目がたまらないです。

本日ご紹介したのは、いわばお化粧前の姿。オイルで仕上がった後、どのように変化したのかを改めてご案内させていただこうと思います!

 

担当 大島

*メルマガ登録はこちら

*CLOVERSKYのホームページはこちらをクリック!

*FACEBOOK

*INSTAGRAM

*ランキングのボタンはこちら。押していただくと、本当に励みになります!

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。