CLOVERSKY 北欧ヴィンテージ家具と雑貨のブログ

リペア作業日誌 23

category: ヴィンテージ家具の修理
published on: 2019/02/05

こんにちは。北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYです。

今回は、取っ手のデザインが可愛いチェストのメンテナンス続きです。

前回は、すべての部品のサンディングが終わったところまででした。

オイルを塗っていきます。

オークはむらになりやすいので、慎重に塗っていきます。

左がオイル前、右がオイルを塗ったところです。

まだ一回目なのでわかりにくいですが、ほんのり色が変わったのがわかりますかね。

今回はツヤがあまり出ない、マットな感じに仕上がるオイルを使用してます。

ここから何度か重ねていきます。

こちらはオイル前。

こちらはオイル後。

こちらオイル前。

こちらはオイル後。

見比べるとサンディング後の少し白っぽい色から、ほんのりオークの色が濃くなり、ピカピカではなく落ち着いた輝きが出ましたね。

こちらは天板のオイル前。

こちらはオイル後。

こちらの方が面積が大きいので違いがわかりやすいかもしれませんね。

すべての部品のオイルを塗り終え、ここから組み立てていきます。

つづきは次回。

こちらのブログの商品情報はこちら。

担当 小高

*メルマガ登録はこちら

*CLOVERSKYのホームページはこちらをクリック!

*FACEBOOK

*INSTAGRAM

*ランキングのボタンはこちら。押していただくと、本当に励みになります!

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ


にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ


にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。