CLOVERSKY 北欧ヴィンテージ家具と雑貨のブログ

塗装仕上げのヴィンテージ家具。積年の汚れを取るために磨きます!

category: ヴィンテージ家具の修理
published on: 2018/08/01

こんにちは。北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYです。

今日から8月に入りました。強い日差しの日が続きますので、外出の際などは日傘や帽子で長時間の直射日光を防ぐなどの対策にて夏を乗り切りましょう。

本日は元々クリア塗装で仕上げられていたヴィンテージ家具のメンテナンスにつきまして。

CLOVERSKYではヴィンテージ家具のメンテナンスを行う際に洗浄の工程があります。しかし、元々の仕上げがラッカーやウレタンによる塗装の場合、洗浄の前に古い塗膜自体を除去せねばなりません。

従って、最初の作業として「塗膜落とし」のためのサンディングを行います。

仕上げのサンディングと異なる点は、番手の高い(キメの細かい)ペーパーによる仕上げ作業がない、というポイントで、それ以外は隙なくきっちりと行います。

途中画像より。塗膜の残った上の面だけ色が違います。

こちらは背もたれの部分。ビフォアアフターです。

全体をくまなくサンディングし、ようやく準備完了です。ここから、再生に向けたメンテナンスが始まります。

 

<お知らせ>

8月1日より8月31日まで、「サマーセール」開催中です。メルマガ会員様特典もございますので、ぜひこの機会をご利用ください。

 

担当 大島

 

*メルマガ登録はこちら

*CLOVERSKYのホームページはこちらをクリック!

*FACEBOOK

*INSTAGRAM

 

*ランキングのボタンはこちら。押していただくと、本当に励みになります!

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。