CLOVERSKY 北欧ヴィンテージ家具と雑貨のブログ

木材の経年変化による色の違い

category: 北欧ヴィンテージ家具
published on: 2018/07/11

こんにちは。北欧ヴィンテージ家具と雑貨のCLOVERSKYです。

自社で修理を行うことのメリットは製品について文字通り隅々まで理解ができることと、修理前後の比較が容易にできることです。

今回は「ビーチ材」を使用した椅子の経年変化による色の違いを見てみようと思います。

ウェグナーによるチェアですが、修理前のお姿はこちら。

座面は新規の状態なので違いはありませんが、フレームの色が驚くほど違います。別の角度からも見てみましょう。

 

 

上からも見てみます。

 

 

全く別と言って良いほどの違いですね。CLOVERSKYでは一旦刻んできた歴史による変色を取り除き、次に使われる方が新たな状態から一緒に時を刻んでいけるよう、ほぼ全ての家具をサンディングしております。良質な無垢材だからこそ得られる「時間」も合わせてご提供させていただきます。

 

担当 大島

 

*メルマガ登録はこちら

*CLOVERSKYのホームページはこちらをクリック!

*FACEBOOK

*INSTAGRAM

 

*ランキングのボタンはこちら。押していただくと、本当に励みになります!

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

 

ショールーム
大阪市中央区松屋町住吉には実際に触れていただけるショールームをオープンしています。常時500アイテム以上の
北欧家具と雑貨を取り揃え、お客様をお待ち致しております。